トムスアニメ制作50周年×西武鉄道100年アニバーサリー 西武鉄道車内スマイルビジョン等にて公開中

最終話

これまでのお話

  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区、代表取締役社長:鈴木 義治、以下 トムス)と西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林 久、以下 西武鉄道)は、トムスアニメ制作50周年×西武鉄道100年アニバーサリーのオリジナルコラボレーションアニメーション『でででん』(全5話予定)を、2015年2月23日(月)より、西武鉄道車内スマイルビジョン等で公開しています。

今回のコラボレーションは、トムスがアニメ制作黎明期の変遷を経た後、西武新宿線の新井薬師前駅を最寄として本拠を置いてきたご縁と、両社の節目の年を記念して実現しました。作品テーマは「日常」です。一見何気ない日常でも、その日々を積み重ねていく事が新しい「未来」を作りだす事につながっていきます。本作は両社の長い歴史におけるこれまでの感謝をこめた記念すべき作品であるとともに、両社が今後50年、100年の次の「未来」へ向けてお客さまと共に歩んでいくという姿勢の提示でもあります。

トムス・エンタテインメント アニメと歩んだ50年展 2014年、アニメーション制作50周年

ストーリーは主人公・所沢アモルと鉄道にまつわる物語です。西武鉄道の電車や西武線沿線の街をイメージした舞台が登場します。キャラクターデザインは、かつてトムスが制作した過去のアニメーションへのオマージュを盛り込みながら動物をモチーフに造形しています。

メインスタッフは TV アニメ『君に届け』シリーズや『鬼灯の冷徹』等を手がけるヒットメーカー監督・鏑木ひろと副監督・長沼範裕のコンビ。音楽は映画、TV ドラマ、CM 等幅広く活躍し、TV アニメ『君に届け』シリーズや『xxxHOLiC』シリーズで有名な S.E.N.S.(センス)が担当します。

トムスは昨年より「マダ、ナイ、コトヲ。」をテーマにアニメ制作 50 周年を記念した様々な取り組みを推進してまいりました。このたびのオリジナルコラボアニメは、そのテーマに基づいた注力企画と位置付け、アニメ制作と作品メッセージの伝達に努力してまいります。

【アニメーション概要】
アニメーションタイトル:『でででん』
アニメーション本編映像75秒×全5話予定(その他冒頭に15秒の企業コラボ映像を放映)
ストーリー概要:主人公・所沢アモルと鉄道にまつわる日常の物語
放映期間:2015年2月23日(月)~2015年12月31日(木)※第2話以降は随時公開します。
放映媒体:電車内スマイルビジョン及び主要大型駅周辺スマイル・ステーションビジョン
  • スマイルビジョンとは、新型通勤車両30000系と東京メトロ乗り入れ対応車両6000 系のドア上部に設置している、15・17 インチ型液晶モニターを活用した車両映像媒体です。
  • スマイル・ステーションビジョンとは、高田馬場駅などに設置している電子看板です。
【スタッフ】
監督:鏑木ひろ
副監督:長沼範裕
キャラクターデザイン:石川佳代子
音楽:S.E.N.S.
美術監督:青井孝
色彩設定:茂木孝浩
色指定:水野愛子
撮影監督:大泉鉱
編集:今井大介
アニメーション制作:株式会社トムス・エンタテインメント
協力:西武鉄道株式会社

PageTop