「トムス・エンタテインメント アニメと歩んだ50年展」 開催に寄せて

株式会社トムス・エンタテインメントのアニメーション制作は、手塚治虫原作の『ビッグX』制作に始まりました。初回放送は、東京オリンピック開催を目前にした1964年8月3日のことでした。〝東京ムービー〟はこの制作に先立って設立、アニメーション制作会社としての歩みを開始いたしました。さまざまなアニメーション作品の制作と、制作会社としての紆余曲折を経ながら、おかげさまをもちまして、2014年「アニメーション制作50周年」を迎えることとなりました。

このたび開催いたします「トムス・エンタテインメント アニメと歩んだ50年展」は、制作会社としての歩みと制作作品を、年表を通じて一望していただくと共に、各時代ごとの個性的な作品をピックアップして、史料性を帯びた制作物や、設定・セル画をはじめとした制作資料をご覧いただくもので、関係各位のご理解とご協力のもとに実現の運びとなりました。ご覧いただいたみなさまが、それぞれにアニメと歩んだ歳月を想い、また歩んでいる今を感じられ、さらに、これからに思いを巡らせていただき、同時にまた、トムス・エンタテインメントを身近に感じていただく機会となれば幸いです。

2014年 4月吉日

PageTop